2016年07月03日

洗濯物が臭い・タオルが臭い当サイトについて

タオル当サイトでは、洗濯物やタオルや衣類が臭くなってしまう原因や対処法、タオル・布巾・よだれかけ・布おむつ等がピンク色に変色してしまう原因や元に戻す方法をお伝えしています!


私自身もちょくちょく試している方法ですので、参考にされて下さいね!


普段ちゃんと洗濯をしているのに、一度使った衣類やタオルや水に濡れたよだれかけが「臭い」と感じる事って結構ありますよね?


また、多くの人が使用するタオル(会社とかの)では、そのような現象が非常に多くなっています。


『このタオル、雑巾のような臭いがする〜!』とかよく聞いたりしませんか?


それは、なぜかと言うと、菌が付いている衣類やタオルが水を吸って、くさい臭いを発しているからなんです。


みんなが使ったから臭いのではなく、細菌が繁殖しているから臭いのです。


なので、いくら普通に洗濯機で洗ったりしても、天日干しをしても、"部屋干し用洗剤""柔軟剤"を替えても無駄なんです。


そう簡単に菌は死滅しません。

根本を直さないと、いつまで経っても臭いままですよ〜!


タオルや洗濯物の臭いを取る方法


タオルの臭いやTシャツや布巾、よだれかけなどの布製品の臭いが取れない!という時に私がいつも実行している方法が何種類かあります。

まずはその方法をメリットとデメリットをふまえてお伝えいたします。


※上に紹介するやり方から強力な匂い取り・黒カビ取りになります。




【煮洗い】についてはこちらを参考にして下さいね!





1. 鍋で煮洗い:塩素系漂白剤と粉洗剤を入れる

メリット:かなり強力なにおい取りや黒カビとり、ピンクカビ取りも出来ます。

デメリット:衣類やバスタオルは痛む可能性が大きい事。色落ちの可能性もあります。

私の体験談:これをやる場合には失敗して「廃棄」覚悟で臨んで下さい。タオルが臭いくらいでしたらここまでやらなくても大丈夫!

塩素系漂白剤とはこちらです↓

haita.jpg
ハイターです。こちらはあまり煮洗いでは使わない方が良いかも。




2. 鍋で煮洗い:酸素系漂白剤と粉洗剤を入れる

メリット:タオルや衣類の臭いにおい取りなら、これが最強で安全だと思います。

デメリット:ふわふわタオルに戻したいと思っている場合ですと、【ふわふわ】には戻りにくいです。
やはり少しは生地が傷むかもしれません。

私の体験談:本当に臭いタオルやTシャツをこの方法で年1回くらいなら、全然どうってことありません。
ただ、まだ【少しだけ匂うな〜】というくらいであれば、ここまでしなくても大丈夫です。

senzaiburaito.jpg

私がいつも使っている粉洗剤と酸素系漂白剤のセット。
粉洗剤はドラッグストアで購入、ワイドハイターは酸素系漂白剤の代表みたいなものです。




 
3. 鍋で煮洗い:酸素系漂白剤のみ入れる

メリット:ワイドハイターや手間なしブライトがあれば手軽に出来る、少しの臭いならこれで十分

デメリット:やはり少しでも生地を傷めたくない!という人には向いていない

私の体験談:生地が傷むかどうかと言われると、『ほんの少しだけ痛むかも・・・?』というくらいです。
そこそこの臭いでしたら取れました。


widehaita.jpg

酸素系漂白剤はワイドハイターか手間なしブライトが有名ですね。
私はいつもこのどちらかを使っています。




4. 鍋で煮洗い:ただの煮洗いのみ

メリット:生地が傷まない上に、少しの臭いでしたらこれで十分取れたりします。
わざわざ漂白剤の登場はなくでも大丈夫!

デメリット:特になし。

私の体験談:私が一番多く取る方法はこの【お湯で煮るだけ】なんです。
いつもは手拭きタオルが『少し変なにおいがしてきたかも・・・?』という時に、すぐにお湯を沸かしてタオルをドボン。
10分〜15分くらい弱火でグツグツと煮ると汚れと匂いが取れますよ!

yuarai.jpg

普段少し匂うかな?くらいの時はお湯で煮るだけを行っています。
ただ、トングで挟んでお湯につけてグツグツと煮るだけです。

お湯だけで煮て洗うやり方についてはこちらの記事をご覧ください。







5. お湯で浸け置き(50度〜70度くらい):ハイターなどの塩素系漂白剤

メリット:白い物に使う事で効果倍増。煮たりしなくて良いので簡単。

デメリット:煮る事に比べると臭いの復活が早いと思います。白いものがメインなのでその他の色は色落ちの可能性があります。

私の体験談:塩素系漂白剤をお湯でつけおきは、確かに簡単ですぐに出来るのですが【菌の死滅】と考えるとイマイチ?のような感じがしました。
汚れも取り切れているのか分からない事と匂いの復活が早い感じがする事。
そもそも、つけおきをした後に匂いが全くなくなっているか?と言われると少し疑問な事。




6. お湯で浸け置き:(50度〜70度くらい):ワイドハイターや手間なしブライトなどの酸素系漂白剤

メリット:生地の傷みも少なく、色物も安心。手軽に出来る。

デメリット:やはり単純に効果がかなり少ない。「匂いがするかも?」というくらいの時じゃないと効果を発揮できない。

私の体験談:臭くなってしまったタオル・バスタオル。主人のTシャツ(笑)よだれかけなどは、このやり方では臭いを取り去る事は不可能でした。
その時は良くなっているように思えますが、臭いは残っている感じがします。
「臭い防止」くらいの時にこの方法を試してみる事を勧めます。




【お気に入りのタオルや衣類が匂って困る・・・】と言う方、一度"煮洗い"を試してみてください。


煮洗いについてはこちらからどうぞ!→ 煮洗いの方法


また、結構ありがちなのですが、


【旦那様や彼氏のTシャツやYシャツがいくら洗っても、ほのかに体臭がする。首周りの黄ばみ等の汚れが取れない】


という時にも、煮洗いは効果バツグンです。



生地が痛みそうで怖いという場合。

まずは手始めに、漂白剤や洗剤を入れないでお湯で煮るだけという方法を取りましょう。


それで生地がたいして傷まない事を確認してから、漂白剤や洗剤を少しずつ入れていくといいと思います。



あと、もう一つ。


タオルや衣類に菌が繁殖する原因。


【洗濯槽のカビ・汚れ】が原因だったりします。


洗濯槽の汚れって、あなたが思っているよりも、実は相当汚れていて、洗濯槽クリーナーをすると、目に見えるような汚れやカビが大量に浮き出てきます。


200710011813000.jpg


汚れを見たい人はクリックして拡大してみてください。



当サイトでは、洗濯機の洗濯槽のクリーナーについても紹介しています。

ものすごい汚れが取れたので是非見てみてください。


自分の家で実際に試してみて、レポートしました。


洗濯槽が汚れている事も、細菌の繁殖の原因ですので

そちらも併せてご覧下さい^^



2014年10月10日

煮洗いの方法

バスタオルが臭くなってしまって、体を拭くのも躊躇するレベルになってしまったので、タオルを煮洗いしてみる事にしました。

簡単に説明をすると、タオルを熱いお湯+漂白剤で除菌をする事により、菌が死んで匂わなくなるという事です。

今となっては私自身、たまにやっている方法ですので
タオルの匂いで悩んでいる方がいらっしゃったら、同じようにやってみてください。
ピンク色に変色をしてしまったタオルや布巾、よだれかけも同じようにして色を落とす事が出来ます。


用意するもの

・臭いタオル
(臭い服・臭いヨダレかけ・ピンク色に変色したタオル類ももちろん可能)

・酸素系漂白剤
(ドラッグストアで300円位。塩素系ではありません(注意))

・粉洗剤
(アリ○ール・アタッ○系じゃないやつ。ドラッグストアで洗濯洗剤のコーナーに地味な顔をしてい売られているアイツです。厚手の紙袋に入っていたりします。でも、ア○エール系でも全然大丈夫です♪)



評判の高い酸素系漂白剤 使用するならこういうものをどうぞ。




粉洗剤もエコに配慮した生地に優しいものを。



・ホーローかステンレスの大きな鍋
(パスタ茹でるくらいの大きさ。バスタオルが1枚入れば大丈夫)

・タオルをつかむためのトング
(箸では重くてつかめません)

200710011807000.jpg

200710011807001.jpg


今回は自宅に既にある酸素系漂白剤と粉洗剤を利用してみました。


漂白剤と粉洗剤の目安

水1Lにつき
漂白剤小さじ1杯程度。
粉洗剤小さじ1杯程度。

↑入れすぎなければ、適当で全然大丈夫です^^
漂白剤を入れすぎると、布が痛むかもしれません。
その時は多少痛んだとしても、後に洗濯する時に柔軟材を入れると、良くなってきます。

タオルの煮洗い方法

(1) 鍋にお湯を沸かして、漂白剤と粉洗剤を投入して攪拌してからタオルをゆっくりと沈めていきます。

200710011834000.jpg


(2)激しく沸騰させないくらいに弱火にして、20分〜30分ほど煮ます。

200710011834001.jpg


(3)茹で上がったら、トングでタオルを鍋から出して
水でジャージャーと洗います(熱いので)

200710011846000.jpg


(4)洗濯機ですすぎと脱水をします。水のみで漂白剤を洗い流します。

(5)普通に干します。

以上の工程で、大切なタオルが悪臭から解放されます。


余談ではありますが、においがついたタオルを煮た後の
お湯は結構きったないです。

200710011847000.jpg

↑これは鍋に残ったお湯を洗いおけに入れた様子です。
茶色になっているのが分かりますよね?

恐らくですが、タオルの色自体もベージュと茶色の間の色なので、そのタオルの色が落ちたようにも思えますが、
長年使った白のタオルを煮洗いしても同じような現象が起こります。

このお湯(汁)には、普段の洗濯では落としきれなかった汗・脂・細菌・カビなどが入っているのだろうと思われます。

煮洗いをしたバスタオルはちょっとだけ軽くなります。
汚れが落ちたという事ですね〜♪

もちろん、このタオルは次回使用する時は何の匂いもしなくなりました!


【注意点】
・漂白剤のみでも煮洗いは可能
・洗剤を入れる場合は、粉洗剤がいい
・漂白剤と洗剤は入れすぎなければ大丈夫
・お湯を含んだバスタオルは予想以上に重いので、トングが2本あると尚良い(と思う)
・洗剤が入っているお湯は沸騰をすると、予想外の動きをしてくれます。


posted by タオルフェチ at 00:37| タオルが臭い タオルを煮洗いする!

2014年10月03日

洗濯物やタオルの煮沸方法(煮洗い)

管理人の私は何年かタオルの煮洗いをしていて、分かって来た事があります。

● まだにおい始めて間もないくらいのタオルや衣類(Tシャツとか)ならば、
洗剤を使わず「煮洗い」だけでも、菌が死んで臭いが取れるという事です!


これは、フェイスタオルや主人のTシャツでいつも使っているもので何回も試しました。


煮洗い方法

1 大きな鍋(洗剤を使用しないのでホーローでも良い)にたっぷりの湯を沸かす。

2 沸騰したら、トングでタオルをゆっくり投入する

3 ふきこぼれないように注意しながら、たまにかきまぜる

4 20分も煮洗いすると、あら不思議!菌は死亡。臭いはナシ!!

5 一度、洗い桶などに熱湯とタオルを空けて、タオルや衣類が適温になるまで水で洗います。

6 洗濯機ですすぎ→脱水で完了



あとは、これを普通に干して使ってみてください。

多分ただのお湯のみでの「煮洗い」でも、菌は死んで臭いが取れているはずです。



当たり前ですが、古いタオルは復活しません目

新品のタオルならこの辺がお勧めです。
値段の割りに、質が良すぎです!



2014年09月28日

タオルの匂いを除去する煮洗い(ただ熱湯で煮るだけ)

タオルの煮洗いをする事で、タオルを使った時に感じるいや〜な匂いを除去出来るという事をお話している通りなのですが、最近私の行っているやり方でもどうやら簡単に臭いが取れるようです。

簡単なやり方とは・・・?

【ただ熱湯で煮洗いをするだけ!】

というものです。


当サイトのこの記事
タオルを煮洗いする

では酸素系の漂白剤を使用して粉洗剤を使用していますが、そういうものは一切使わない方法です。




※この酸素系漂白剤はとても評判が高いです。もし酸素系漂白剤を使うなら安くて綺麗になるものを勧めます。

と言うのも、ここ半年くらいの間で少し匂うようになってしまったバスタオルやフェイスタオルを煮洗いする時に、あえて熱湯だけで煮洗いをするようにしてみたのです。

結果。

匂いが落ちて、全く匂わなくなりました!


また漂白剤なども使用していないので布が傷む事も一切ありませんでした。


方法としては、大きな鍋にたっぷりのお湯を沸かして、トングでタオルをつかんで投入して、途中でひっくり返しながら20分くらい煮込むだけです。

20分くらいで臭う原因の菌が死滅するのか何なのかは分かりませんが匂わなくなります。

20分以上煮込んで、たっぷりと菌やら落としきれない汚れやらが出切ったタオルを軽く水ですすいで、熱くなくなったら洗濯機に投入をして
【すすぎ】→【脱水】
をします。

すすいで汚れを全部落としてから脱水をして干すだけです。


もし!!

これでもタオルが臭いようでしたら、酵素系漂白剤や粉洗剤を入れて煮洗いをしてみるのもいいと思いますよ♪


せっかくお気に入りのタオルですよね。長く使うためにはなるべく傷めないようにして下さい。

2014年08月17日

洗濯漕の掃除方法-酸素系洗剤・クリーナーを使ってみました

洗濯物の臭いが気になる場合は色々な原因があるのですが、今回は洗濯漕の掃除についてまとめてみました。
 
洗濯漕に『酸素系洗剤』が良いと聞き、私も早速実行してみる事に。
posted by タオルフェチ at 01:22| 洗濯漕 掃除

2010年07月03日

タオル・衣類の黒いカビを取る方法

数年前から、衣類やタオルの臭いを取る事や、洗濯槽クリーナーを定期的に行い、洗濯槽自体を清潔に保つ事を実践してきました。


そんな管理人ですが、この記事を書いている現在(2010年7月)梅雨時期でありまして、このサイトに訪れる方の多くが、
【タオルが臭い】【黒カビ】等のキーワード検索で訪れている状況です。


そこで、今回は【タオルや衣類の黒いカビ】を取る方法についてです。

真っ白なタオルにいつの間にか点々と付着している黒い物体。

その正体は『黒カビ』です。



肉眼で見えるようになっている時点で、普通に洗濯をしても、
取れないです。


そこで、
『どうやったら、黒カビを除去する事が出来るのか?』
というと、

これもやはり当サイトでお馴染みの、
『煮洗い・煮沸消毒』
です。



しかし、あまりに頑固な黒カビは煮洗い・煮沸しても、もう取れない可能性もあります。
そうなってしまったら、諦めましょう。



他のページにありますように、
【ただの煮洗い】
をするだけでは、黒カビは取れない事が多いのです。


タオルの臭い程度でしたら、ただの煮洗いで十分に臭いは取れたりしますが。


ですので、黒カビを除去する際には用意するものがあります。


1 黒カビがついたタオルや衣類


2 酸素系漂白剤
(ドラッグストアで300円位。塩素系ではありません(注意))
余談ではありますが、私はよく「手間なしブラ○ト」(青い入れ物のやつです)
をよく使っています。


a.jpg

右にありますね。ブ○イト。



3 粉洗剤

4 トング


5 鍋(アルミはダメです)



煮洗いをする方法は、簡単です。

鍋にたっぷりをお湯を沸かして、漂白剤と洗剤を入れて黒カビの出ているものを入れて、弱火でグツグツと。


漂白剤と洗剤の量は水1Lにつき
漂白剤小さじ1杯程度。
粉洗剤小さじ1杯程度。

(入れすぎないようにしましょう)

20分くらい煮ていると、黒かびが取れて、臭いもよくなります。


煮洗いが終わったら、トングで衣類・タオルを取り、残ったお湯を見てみてください。


実に汚い事が分かります(笑)
時には黄色・・・いや茶色だったりします。
また、油(多分皮脂)も浮いていたり・・・。


『こんなタオル使っていたの〜?』
という気分になります。


こちらの記事も参考にやってみてください。
やり方は一緒です。

タオルを煮洗いする
posted by タオルフェチ at 16:18| タオル・衣類の黒いカビを取る方法

2007年10月02日

タオルのピンク色を除去する

タオルや布巾やよだれかけが使っているうちに、ピンク色に染まってしまったという話をよく聞きます。

空気中の酵母が原因で悪さはしないという事ですが、
このピンク色を除去する事は簡単に出来ます。


タオル・布巾・よだれかけがピンク色に染まってしまった場合に、どうやって元の色に戻すのかというと、

これも【煮洗い】です。

難しくない上に、本当にキレイになるので是非一度試してみてください。

当サイト内の記事

→ タオルの煮洗いをする!

こちらに、やり方が全て記載されています。

タオルの臭いをなくすように、煮洗いしたのですが
同じ手順で、酸素系漂白剤や洗剤も同量使う事で
タオルや布巾のピンク色除去もする事が出来ます!




評判の高い酸素系漂白剤 使用するならこういうものをどうぞ。



粉洗剤もエコに配慮した生地に優しいものを。


初めて試す場合、布類を煮る事に抵抗があるかもしれませんが、
ピンク色除去や臭い取り、タオルに詰まった皮脂取り、除菌が一度に出来るので、やってみるといいですよ。

バスタオルは少しだけ軽くなるような気がします。
(それだけ汚れが詰まっているという事)


注意点

煮洗いのお鍋は、ホーローかステンレス製の鍋で。
アルミはダメです。

posted by タオルフェチ at 15:42| タオルのピンク色を除去する

タオルがピンク色に染まる原因

タオルや布巾などがピンク色に染まってしまう事ありませんか?

また、お子様がいらっしゃる方ですと、よだれかけ(スタイ)とかも、気がつけばピンク色って事もありますよね。


あのピンク色になってしまう原因は、空気中に漂っている
【酵母】が原因なんだそう。

タオルや布巾やよだれかけが、一度水分を含んでから
湿った状態で放置しておくと、酵母がどんどんと繁殖をして
ピンク色に染まってしまうのです。

体に害はないと言われていますが、何となく嫌な気持ちになりますよね?

タオルやよだれかけの匂いも、もちろん避けたいのですが
タオルやよだれかけがピンク色に染まる事も避けたいです。


普段、洗濯ものを干す時も日干しなどを心がけるといいです。
posted by タオルフェチ at 15:36| タオルがピンク色に染まる原因

2007年10月01日

洗濯槽クリーナー 使用(画像付き)

実際に洗濯槽クリーナーを使用してみました!

今回使ったのは、このサイトでも紹介をしている

エスケーの洗濯槽クリーナーです。



コレです。
1箱(2回分入り)で900円くらいだったでしょうか。
相当な威力があるという口コミを聞いていたので、
私も実際に使ってみました。


用意するもの

・洗濯機
・エスケーの洗濯槽クリーナー 一袋



洗濯機のスペック

7kg用全自動洗濯機
購入後2年半経過
洗濯槽クリーナー暦 なし



やり方

(1)洗濯機に30度〜40度くらいのお湯を満水にします

(2)洗濯槽クリーナーを入れて、4〜5分回します

(3)一旦電源を切り、4時間ほど放置

(4)2回くらい「すすぎ」をして終了



このような手順です。


では、早速やってみましょう!(結構興味深いモノが見れます)


(1)洗濯機に30度〜40度くらいのお湯を満水にします
(2)洗濯槽クリーナーを入れて、4〜5分回します


200710011522000.jpg

これが中身です。これを洗濯槽に投入して、4〜5分回します。

200710011506000.jpg

回し始めて2分くらい、まだそんなに汚れていません。

しかし、画像には写らなかったのですが、黒いモノがたまに見受けられます。


回し始めて4分も経過すると、「ワカメ」が姿を見せるようになりました。

「ワカメ」=本物のワカメではありません。
洗濯槽に付着しているカビ・汚れが「ワカメ」状の姿なのです。


(3)一旦電源を切り、4時間ほど放置


洗濯機を5分ほど回したので、一旦電源を切りました。

200710011509000.jpg

これは、電源を切ってすぐの洗濯槽です。
ワカメちゃんが姿を表してきました。
黒いものが浮いていますが、それが汚れです。


アップで見ますか?(笑

200710011521000.jpg

これがカビや汚れの塊です。
洗濯槽のお湯自体もちょっとグレーががっているので、
お湯が汚いのは必至。

しかし。立派なワカメちゃんです。

これを見た時にはのけぞりました。

4時間ほど放置しなくてはならないので、ついでに

お風呂の椅子や洗面器なども洗濯槽に投入してみました。


200710011524000.jpg

これは椅子です。

スケルトンのデザインのものを使っているのですが、
透明ゆえに、汚れが目立ってきました。

水垢が取れるという事ですので、一緒につけておきます。


4時間後・・・。

200710011813000.jpg

洗濯槽は汚れがバッチリ浮いています。
クリーナーの威力って凄いですね〜!!

排水した後です。

200710011818000.jpg

洗濯槽の底には汚れがついています。
流れ残ったものでしょう。

あとはすすぎを3回ほどしました。

1回目のすすぎでは、汚れが浮いていたのですが
3回もすすぎをすると、洗濯槽の中には汚れはなくなりました。


今まで何て汚い洗濯槽で洗濯をしていたのだろう・・?
と反省。

私の家には私+お連れさんしかいないので、大人2人の洗濯槽ですが、お子さんのいらっしゃる家の洗濯機はもっと汚れているかもしれません。

お子さんがいらっしゃる方は、なお綺麗にしていたい所ですよね。

3ヶ月に1回は洗濯槽クリーナーを行っていこうと思います〜^^

もう本当にエスケーの洗濯漕クリーナーはオススメです。
私の場合は普通にスーパー等で購入できる洗濯槽クリーナーを何種類か試しましたが、
こんなにワカメのような汚れがド〜っと出たのはこれだけでした。








posted by タオルフェチ at 15:51| 洗濯槽クリーナー 使用(画像付き)

2007年09月30日

洗濯機 洗濯槽でタオルのにおい防止

タオルが臭くなってしまった場合、天日干しをした所で臭いが簡単に消えるわけではありません。

「教えて○oo!」とかのサイトに

『タオルが臭くなってしまったのですが、どうしたらいいですか?』
という質問に対して
『天日干しをしましょう!』
という答えもあったりするのですが、水を含んだタオルが匂いを放つ原因は、タオルに付着している細菌が水を含んで活動を始めるためです。

細菌自体を消毒しなくては、匂いはなくなりません。


では、タオルを消毒(漂白)をして臭いがなくなったとしたら、
次に行った方がいいのが

洗濯槽の掃除です。

漂白剤でも洗濯槽の掃除は出来るのですが、
やはり専用のクリーナーとかがあると、かなり綺麗になりますし、安心ですし、説明が書いてあるのでやりやすいです。



このエスケーの洗濯槽クリーナーなのですが、
威力がすごいです。

カビがあり得ないくらい取れます!


洗濯槽にカビが繁殖していたら、せっかく綺麗にしたタオルにまた菌が付着する可能性があります。

posted by タオルフェチ at 17:48| 洗濯機 洗濯槽でタオルのにおい防止