2010年07月03日

タオル・衣類の黒いカビを取る方法

数年前から、衣類やタオルの臭いを取る事や、洗濯槽クリーナーを定期的に行い、洗濯槽自体を清潔に保つ事を実践してきました。


そんな管理人ですが、この記事を書いている現在(2010年7月)梅雨時期でありまして、このサイトに訪れる方の多くが、
【タオルが臭い】【黒カビ】等のキーワード検索で訪れている状況です。


そこで、今回は【タオルや衣類の黒いカビ】を取る方法についてです。

真っ白なタオルにいつの間にか点々と付着している黒い物体。

その正体は『黒カビ』です。



肉眼で見えるようになっている時点で、普通に洗濯をしても、
取れないです。


そこで、
『どうやったら、黒カビを除去する事が出来るのか?』
というと、

これもやはり当サイトでお馴染みの、
『煮洗い・煮沸消毒』
です。



しかし、あまりに頑固な黒カビは煮洗い・煮沸しても、もう取れない可能性もあります。
そうなってしまったら、諦めましょう。



他のページにありますように、
【ただの煮洗い】
をするだけでは、黒カビは取れない事が多いのです。


タオルの臭い程度でしたら、ただの煮洗いで十分に臭いは取れたりしますが。


ですので、黒カビを除去する際には用意するものがあります。


1 黒カビがついたタオルや衣類


2 酸素系漂白剤
(ドラッグストアで300円位。塩素系ではありません(注意))
余談ではありますが、私はよく「手間なしブラ○ト」(青い入れ物のやつです)
をよく使っています。


a.jpg

右にありますね。ブ○イト。



3 粉洗剤

4 トング


5 鍋(アルミはダメです)



煮洗いをする方法は、簡単です。

鍋にたっぷりをお湯を沸かして、漂白剤と洗剤を入れて黒カビの出ているものを入れて、弱火でグツグツと。


漂白剤と洗剤の量は水1Lにつき
漂白剤小さじ1杯程度。
粉洗剤小さじ1杯程度。

(入れすぎないようにしましょう)

20分くらい煮ていると、黒かびが取れて、臭いもよくなります。


煮洗いが終わったら、トングで衣類・タオルを取り、残ったお湯を見てみてください。


実に汚い事が分かります(笑)
時には黄色・・・いや茶色だったりします。
また、油(多分皮脂)も浮いていたり・・・。


『こんなタオル使っていたの〜?』
という気分になります。


こちらの記事も参考にやってみてください。
やり方は一緒です。

タオルを煮洗いする
posted by タオルフェチ at 16:18| タオル・衣類の黒いカビを取る方法